社員紹介

INTERVIEW

  • PROFILE
    メディア事業部
    営業担当

    2018年入社

    慶應義塾大学卒
    CAREER
    2018年ブティックスに入社
    真に自立した大人に早くなれると感じ、ブティックスに入社。
    メディア事業部に配属後、展示会営業を担当。
    自ら積極的に情報収集を行い、ニーズがあると判断した会社に営業し、出展社の販路拡大と来場者の課題解決に努める。


Q1入社の決め手 
なぜブティックスを選んだか?
他ではできない経験を積んで、
真に自立した大人になれる

大学では体育会水泳部に所属していました。私の出身大学は不動産・保険・金融に強く、水泳部の先輩もそれらの業界でご活躍される卒業生が多数いらっしゃいました。
そのため現役部員もこれらの業界を志望する人が多く、私も流れに従って志望していました。

一方で塾長や先輩たちは「自分で考えて行動できるようになれ」とよくご指導くださいました。 私も大学で初めて部活に入ったり、ゼミナール委員会に入ったりするなど、自分で考えて行動することを重視して取り組んできましたが、就職活動においては自分で考えずに流されているだけではないか、と考えるようになりました。

そこで思考停止したまま志望していた不動産・保険・金融業界などの大企業志向を改め、自分が何を目指すかをじっくり考えた結果、大企業の看板や周囲の環境など「何かに甘えなくてもやっていける真に自立した大人」という人物像を見出しました。

それにいち早く近づけ、自分のモチベーションが続きやすい環境を探した結果、ブティックスとコンサル会社の2社に絞られましたが、他であまりできない経験ができそうなブティックスの方がおもしろそうだと思い、入社しました。

Q2日々の仕事の内容は?
展示会営業によって、出展社の販路拡大と
来場者の課題解決を図る
CareTEXなどの展示会に出展社を集め、出展社の販路拡大と来場者の課題解決のお手伝いをすることです。

毎朝日経をはじめとするメディアで最新の情報を入手して、業界でのニーズがあると判断したジャンルの会社に片っ端からご連絡し、アポイントをとっていきます。
電話をかけてもつないでもらえないこともありますが、商談の場では、「マッチングの満足度を最大化させる」ことを最重視したブティックスの展示会を活用していただくことで、相手の課題がどのように解決されるのかをご説明します。商談後は出展していただくためのフォローもしっかり行います。

介護業界では最大級の展示会をやっているため、まだ他の社員が当たっていない会社を探すのが大変だったりと、苦労することも多いですが、その分探し抜いてセールスしきった会社が正式に出展することが決まったときはとても嬉しいです。
苦労して決まった会社だからこそ展示会で成果を出してもらえるよう全力でお手伝いしています。

ブティックスは中途入社の方が多く、歳が10歳以上離れている先輩も少なくありません。そのため営業のノウハウを始め物事の見方など、あらゆることを教えていただき、勉強しています。

まだまだ上長をはじめとする先輩方にお世話になることも多いので、早く何事も任せてもらえるような自立した大人になれるよう精進していきたいと思います。

他の社員紹介

OTHER INTERVIEW