社員紹介

INTERVIEW

  • PROFILE
    コンサルティング事業部
    副部長

    2017年入社

    明治大学卒
    CAREER
    2009年老舗人材コンサルタント会社に入社
    入社後は、名古屋営業所に配属になり、名古屋マーケットで新規顧客開拓。東海地域に多い東海エリアの物流業界を開拓し、大手物流会社も会社として初めて攻略。その後、新宿営業所に配属となり、最大手の鉄道貨物会社、海運会社に複数チャネルをつくり、全社戦略に関わるコンサルテーション、役員教育などを受注。北関東営業所長として戦略的な新規開拓を行い、売上をアップさせた。
    2017年ブティックスに入社
    入社後、M&A事業を担当し、初年度に年間10件成約。M&Aは知識や能力はファイナンスに限らず、企業経営や特定業界にかかわる知識、法律知識に加え、営業力やプレゼン力も必要な、総合格闘技であり、成果を出すため、とにかく多くの案件に取り組む。翌年、沖縄での大型案件成約を皮切りに、比較的実績の少なかった九州エリアの案件成約に注力。九州エリアを開拓しトップアドバイザーに。2年間で約200件の経営者様からのご相談に対応。
Q1現在の仕事の魅力は?
経営者直結の最高意思決定マター
年間約100件の売り手経営者様と、その倍くらいの買い手経営者様とお会いしています。百戦錬磨の経営者様との対話や交渉に臨むにあたっては準備と勉強が必須で、教わることも多いですが確実に成長できる仕事です。
案件成約までは半年から1年間の壮大なプロジェクトとなります。紆余曲折の末、成約した際には、売り手様からも買い手様からも、感謝のお言葉をいただくことができるので、とてもやりがいを感じます。
Q2入社の決め手 
なぜブティックスを選んだか?
世の中のニーズにマッチした
独自のビジネスモデル
「M&Aの“大衆化”を目指している」社長のその言葉に、面白そうと感じたのが入社のきっかけでした。
意味は、経営者の高齢化・後継者不足という社会問題の解決にM&Aが有用だが、一般的にM&Aというと、あまりにも手数料が高額で、中小零細企業が気軽に利用できるサービスだとは思われていない。しかしながら、特定分野に特化することで徹底的に効率化をはかり、手数料体系を抑えることが出来れば、中小零細企業の間でも、M&Aがもっと広く普及するのではないか、ということです。実際、介護分野に専門特化することで、案件成約までの工数を大幅に短縮し、手数料を抑えたことで、お応えしきれないくらいの案件が当社に寄せられており、世の中の大きなM&Aニーズの真っ只中に立っている実感があります。
年次に関わらず活躍できる環境
面接していただいた現部長が、若干30代前半にしてM&A事業を含む多くの事業の立ち上げとその推進で成果を上げている姿を見て、本人次第で活躍の機会を得られると感じました。実際、入社1年目から、沖縄を含む九州エリアを任せてもらい、2年目にはM&A教育プロジェクトや後輩育成などに取り組んでいます。

Q3ブティックスはどんな社風?
公用語が敬語!
社内では全員がお互い敬語で会話します。叱る時も敬語、社長ももちろん敬語です。
常に社員同士がフラットな関係で、自由に自分の意見を言える環境にしたい、というのが一番の理由ですが、今自分の上司でも、いつ自分の部下になるかもしれない、今自分の部下でも、いつ自分の上司になるかもしれない、実力主義だからこそ、その時に備えて常日頃からお互いに敬語を使う、という意味もあります。

Q4今後のキャリアビジョンは?
組織づくりに貢献し、会社の
発展と
社会の課題の解決を
M&A仲介事業は、企業の発展、後継者問題の解決に大きく貢献できると確信しています。私はM&Aの事業部が、年間数千件のご相談にお応えできる体制づくりをリードしたいと考えています。具体的には介護・医療以外の別分野への進出、安心して任せていただけるアドバイザーの採用・教育、交渉を進める上で不可欠な様々なツールの整備・・・。取り組みたいことはまだまだ山のようにあります。
中長期的には、マッチング・プラットフォーム事業の新たな産業分野への展開において事業責任者として牽引していきたいと考えています。

他の社員紹介

OTHER INTERVIEW